京都府亀岡市の暴走自動車無免許殺傷事件の判決について思うこと

2月 25th 2013 · Read More · No Comments

「軽すぎる(怒)(怒)(怒)!!!」というのが、素直な感想。
本件もそうですが、
裁判所(検察)と世間の考え方とのズレがあるように思います。
生活様式や考え方が、どんどん変化している現代で、
時代についていっていない法律で、無理やり収めようとするから、
ワケの分からない・納得できない結果になるのかと。
そもそも、これだけの大惨事を起こしながら、
「危険運転致死傷罪」にすら該当しないなんて、
どう考えても、おかしな話で、
何のための「危険運転致死傷罪」なのかと思います。
で、結果は、求刑以下の判決。
ご遺族の無念さは如何ほどか...。
このような事件こそ、
裁判員制度で行うべきかと思いますが...。
えっと、ここからは、思ったことをズバッと書きます。
普通、3人殺したら、死刑ですよ。
無茶苦茶やったら、事故るのは当たり前。
飲酒運転もそうですが、
「運転してはダメ」と言われているのに、
それをしているのだから、
その時点で、「過失」ではなく「故意」。
言い訳(情状酌量)なんて必要ない。
だって、
運転さえしなければ、防げた事故なんだから。
ルールを無視して、事故を起こした少年に対して、
ルールに縛られて何も出来ない、こちら。
やったもん勝ちかよ。
反省してるって?本当かよ!
上っ面だけなら、何とでもなる。
仮に、本当に反省しているとしても、
処罰は処罰として、キチンと受け止めるべき。
日本って、
とかく、被告の人権とか更正とか気にするけど、
被害者の命を軽く見すぎていないか?
死んだ人は生き返らないんだぞ!
コラ!
弱腰な検察に、ヘタレの裁判官。
税金返せ!!
↓↓↓ ニュース ここから ↓↓↓
 京都府亀岡市で昨年4月、集団登校中の児童ら10人が軽乗用車にはねられて死傷した事故で、自動車運転過失致死傷罪、道交法違反(無免許運転)に問われた同市の無職少年(19)の判決が19日、京都地裁であり、市川太志裁判長は懲役5年以上8年以下の不定期刑(求刑・懲役5年以上10年以下)を言い渡した。
 市川裁判長は「罪悪感なく無免許運転を繰り返し、酌量の余地は全くないが、反省して遺族に謝罪している」と述べた。
 判決によると、少年は昨年4月23日午前8時頃、無免許で軽乗用車を運転中に居眠りをし、登校していた同市立安詳(あんしょう)小学校の児童9人と付き添いの母親松村幸姫(ゆきひ)さん(当時26歳)の列に時速50キロ以上で突っ込み、松村さんと児童2人の計3人を死亡させ、7人に重軽傷を負わせた。
 市川裁判長は「少年は2昼夜を遊び回り、睡眠を十分に取らずに事故を起こした。遺族らの峻烈(しゅんれつ)な処罰感情は重大な結果に照らせば至極当然」と断じた。
(2013年2月19日21時00分 読売新聞)
亀岡10人死傷、少年に懲役5~8年の不定期刑 社会 YOMIURI ONLINE(読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130219-OYT1T00856.htm

↑↑↑ ニュース ここまで ↑↑↑

Go reading

将棋ファンあるある「羽生さん」

2月 20th 2013 · Read More · No Comments

日本将棋連盟が発表した
2012年の獲得賞金・対局料ランキングによると、
羽生善治(はぶよしはる)3冠(王位・王座・棋聖)が
9175万円で15年連続19度目のトップになったとのこと。
2012年獲得賞金・対局料ベスト10
「あら、1億円に届かなかったんだねぇ」というのが素直な感想。
個人的には、
永世七冠を見てみたいので、どうにかして竜王を奪取して欲しい。
渡辺竜王、ゴメンナサイ。1期だけ我慢して(笑)。
で、いきなり話は変わって、近年、フィギュアスケートで
羽生結弦(はにゅうゆづる)選手が台頭してきて、
スポーツ新聞の見出しに名前が出てくることもしばしば。
私、「羽生」を見ると、反射的に「はぶ」と読むので、
「ん?はぶさん何かしたの?」と気になってしまいますが、
よくよく見ると「はにゅう選手の記事」だったと。
週刊将棋なら、
気兼ねなく「はぶ」って読めるんですけどねぇ...。
あと、
芸人の元Bコースのハブさんとは、従弟。
どうでもいい、あるあるでした(笑)。

特定の業者だけ受任しない専門家(弁護士・司法書士)に思うこと

2月 14th 2013 · Read More · No Comments

「くたばっちまえ!」
あぁ...。言っちゃった(笑)。
専門家(弁護士・司法書士)の中には、
回収が難しい業者は放置プレイで、
回収できる業者だけを受任する、
いわゆる「つまみ食い」する専門家もいるとか。
専門家(弁護士・司法書士)もピンきりで、
「あたりはずれがある」と言ってしまえばそれまでですが、
依頼するタイミングで結果が異なるのは、
ある程度、仕方が無いと思うのですが、
依頼する人によって結果が異なるのは、如何なものかと。
ビジネスだということは、よく分かります。
採算が取れなければダメということも、よく分かります。
でも、
回収が難しい業者だけの受任なら話は別ですが、
複数業者を一括で対応するのであれば、
プラスマイナスをひっくるめて、
それで採算が合うのであれば、対応していただきたいし、
そうするのが、ビジネス(商売)というものかと。
何事もそうですが、
「自分さえ良ければいい」という考えは、アウトです。
何も、
ビジネス(お金儲け)を否定しているワケではありません。
私自身も、お金ダイスキです(笑)。
なので、お金儲けに走る専門家さんは、
お金持ちとか、一流企業とか、
少々、何かされても大丈夫な依頼者のところへ行ってください。
まぁ、結局、
依頼者の事なんて、何も考えていないんだなぁ~と。
過払い金や借金を整理するって、
「はい、過払い金を取り返しました。」
「これで、債務整理終わりました。」
って、簡単に済む話ではないんですよねぇ。
人それぞれ事情が違いますので、
流れ作業的に、ポンポンと進む話でもありませんし...。
(逆に、ポンポン進む方がおかしい。)
結果如何によっては、
依頼者の今後の生活をも左右するワケです。
もちろん、依頼者1人に割ける時間というのは、
限られているとは思うのですが、
その中で、最大限の対応をしていただきたいものです。
で、最初の話に戻りますが、
依頼する専門家によって結果が異なるのは、如何なものかと。
なので、
中途半端に受任するぐらいなら、初めから受任しないで欲しい。
まぁ、そうは言っても、これはこれで難しい話で、
「つまみ食い」する専門家は、
それが「正義」だと思っていますから...。
個別の専門家を見れば、依頼者に対して、
真摯に対応されている方が大多数だとは思うのですが、
業界全体で見ると、「ん?」と。
厳しい言い方をすると、「連帯責任」ですから、
それらを放置しているというのは、「怠慢」かと。
で、それを自浄できない現状に対して、「ん?」と。
使い古された表現ですが、「危機感が足りないなぁ」と。
ちょっと、乱暴な言い方ですが...。
さらに、
これはチョット酷な話ではありますが、依頼者側も、
弁護士・司法書士を選ぶ「目」を養う必要があるかと。
専門家・事務所との相性もあるでしょうし...。
セカンドオピニオン等も考えながら、
比較・検討してから、専門家を選ぶべきです。
「わらをもつかむ」思いで、専門家に依頼したら、
「わらごと沈んでいった」では、笑い話にもなりませんから。
ただ、
切羽詰っている状態で、それを望むのも難しい話です。
ですので、そんな時にバタバタしないように、
専門家への対処法をアナウンス・周知徹底させる必要があるかと。
コレ、当ブログの今後の取り組みの1つとして、
しっかりとアナウンスしていこうと、改めて思いました。
最後に、もう1度、
中途半端に受任するぐらいなら、初めから受任しないで欲しい。
ヘタレなド素人が生意気言ってスミマセン。m(_ _)m

プライメックスキャピタル(旧キャスコ)が求人募集

2月 11th 2013 · Read More · No Comments

「お気に入りブログ更新情報」より。
判例更新[アイフル・日本保証(旧武富士)]+新洋信販の情報(過払い請求に上限?下限?)+「NISグループ」の情報(財産状況報告集会における報告の骨子)+α
冬は必ず春となる 勇気でgo!」さんからの引用です。
プライメックスキャピタル(キャスコ)の求人
プライメックスキャピタル(キャスコ)が、
事務職2名をハローワークで求人募集しているとのこと。
ナンダカンダ言っても、まだ余裕があるということでしょうか。
プライメックスキャピタル(旧キャスコ)の過払い金対応は、
ビジネスとしては正解なのかもしれませんが、
一般的には、到底受け入れられるものではありません。
何か、方向性が違うというか、整合性が無いというか...。
ここ最近、ずっと、
プライメックスキャピタル(旧キャスコ)に注目していたので、
ちょっと気になりました。

ブログ紹介「京都寺町法律事務所はなれ」

2月 8th 2013 · Read More · No Comments

京都寺町法律事務所はなれ
「京都寺町法律事務所はなれ」
( http://d.hatena.ne.jp/tabearukiblog/ )
弁護士さんのブログです。
過払い金(借金問題)に限らず、
幅広い内容のエントリーになっています。
今回、流れ星 さんの推薦コメントもあり、ご紹介と
お気に入りブログ更新情報への登録をさせていただきました。
エントリー内容としては、
ホンネでズバズバ言っているので、とても気持ちいいです。
まぁ、賛否両論あるとは思いますが、
その弁護士(法律事務所)の思い・考え方が分かるので、
とても意味があると思います。
実は、上記ブログは、以前から存じ上げておりました。
冬は必ず春となる 勇気でgo!」さんでも、
ちょくちょく取り上げられていますし...。
ただ、お気に入りブログ更新情報は、
過払い金や借金問題を中心にエントリーしているブログを
登録しようと考えていたので、除外していました。
上手く表現できませんが、例えば、10エントリー中、
8エントリー以上、過払い・借金問題であれば、大丈夫ですが、
それが、2~3エントリーとなると、登録を躊躇してしまします。
だって、それらを登録してしまうと、登録数も多くなり、
関係ないエントリーで埋め尽くされる可能性もありますから。
ということで、登録を控えていたのですが、
過払い金(借金問題)以外のエントリーでも、
読み応え(考えさせられる事)がありますので、いいかと。
その辺のラインが、メチャクチャあいまいで、スミマセン...。
1つの情報として、また、いろいろ考えるきっかけとして、
活用していただければと思います。
ということで、他にも、「こんなブログがあるよ」とか
「テメェ!このブログしらねぇのかよ!」とかありましたら、
参考にさせていただきますので、コメントください。m(_ _)m

プライメックスキャピタル(旧キャスコ)への過払い金返還請求募集中

2月 4th 2013 · Read More · No Comments

お問い合わせフォームに投稿がありましたので、
コピペさせていただきます。
↓↓↓ コピペ ここから ↓↓↓
この場をお借りしての広報活動をお許しください。
プライメックスキャピタル(旧キャスコ)からの過払
い金返還を簡単に諦めてはいけません。
返還に実績のある弁護士さんもおられます。
私が依頼してみたところ,保証はしかねるとした上
で,事件処理費用を賄えるほどに依頼者が
集まれば行動して頂けることになりました。
現在,依頼者を募って頂いてますので,お困りの方は
相談されてはいかがでしょうか。
「京都寺町法律事務所」

http://www.kyototeramachi.jp/index.html

全ての被害者の為にもこの情報の拡散を望みます。
一債権者より
↑↑↑ コピペ ここまで ↑↑↑
専門家でもサジを投げてしまう、
プライメックスキャピタル(旧キャスコ)への
過払い金返還請求をする人を募集しているとのこと。
少人数では費用倒れするので、
何人か集まれば、対応できるとのこと。
詳細は、上記サイトでご確認ください。
え~と、このエントリーを書くことについては、
正直、いろいろと迷いがあります。
まず、
個別の法律事務所の案件について、エントリーしたこと。
今まで、偏った情報発信にならないように、
個別の事務所の案件についての言及は控えていました。
もちろん、参考になる事務所(サイト)は、
こちらからガンガン紹介しているので、
必然的に、露出が増えるという結果になるワケですが、
当方の基本スタンスは、各事務所を平等に紹介すること。
で、今回、チョット踏み込んだエントリーとなりました。
まぁ、
広い意味で、いろいろな情報を発信するということでは、
新しい試みとして、これはこれで「アリ」かなぁ~と。
微力ながら、力になればと。
次に、情報の拡散について。
私自身、情報の拡散については、正直、否定的な考えです。
というのは、本件は問題ないかと思うのですが、
情報の真偽について、確証がもてないこと。
以前、別のエントリーで書きましたが、
ネットの情報というのは、とてもデリケートなものです。
ものすごく、ナナメから物事を見ますが、
ガセ情報であったり、関係者のマッチポンプの可能性も、
完全に排除できません。
だって、
今回投稿いただいた方や、上記法律事務所について、
詳しいことは、正直、分かりませんから...。
あ、これは、
あくまで一般論で、今回は、大丈夫だと思っています。
まぁ、でも、当ブログで紹介した以上、
責任は当方にありますので、何かあったときには、
エントリーの削除・ブログの閉鎖等の対応は覚悟しておきます。
次に、被害者という表現。
私自身、この表現に違和感を感じています。
え~と、コレについては、説明が難しいので、別の機会に。
といろいろと書いてきましたが、
最終的には、私の小さな悩み・考えよりも、
プライメックスキャピタル(旧キャスコ)への対応が前進するほうが、
依頼者の方のプラスとなると判断してエントリーを決めました。
より良い結果となることを、心より祈念しております。
↓↓↓ 2013/02/08 追記 ここから ↓↓↓
本件に関しての上記法律事務所のエントリーで、
進捗状況や考え方・費用についての説明をされています。
ステルスマーケティング
↑↑↑ 2013/02/08 追記 ここまで ↑↑↑

2013年 明けましておめでとうございます。

1月 1st 2013 · Read More · No Comments

新年、明けましておめでとうございます。
本年が、皆さまにとりまして、
幸多き1年となりますことを心より祈念いたします。
ダメですなぁ~。
飲んだくれて、寝て起きたら、年が替わっていました(笑)。
相変わらず、季節感の無い生活をしていますので、
新年といっても、個人的には、何にも変わりません...。
今年は、すこしでも人間らしい生活をしたいですねぇ(笑)。
最近は、ほとんどブログとして機能していませんが、
ボチボチと、自分らしくやっていこうと思っています。
ヘタレなブログですが、
本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

武富士損害賠償請求提訴

12月 28th 2012 · Read More · No Comments

「お気に入りブログ更新情報」より。
武富士創業家に対する損害賠償請求提訴の件
コレねぇ...。
気持ちはよく分かるんですけど、チョット無理気味かなぁ~と。
以前も、同じことを書いたような気がしますが、
個人と法人は別人格ですし...。
過去、武富士の行き過ぎた行動には、
違法な部分があったかと思うのですが、
それと過払い金とをリンクさせるのはどうかと。
実際には、法人の意思決定には、
代表者(達)の個人的な意思が反映されていると思いますので、
法人の結果責任について、
個人に責任が全く無いとは言えないと思っています。
ただ、それがどの位だったかといのは、
簡単に計算(検証)できるモノではないので、難しい話です。
これは、なかなかスッキリしない話ですが...。
あと、ひねくれた考え方をすれば、
一部の弁護士・司法書士に、
一般の何も知らない債権者(過払い金発生者)が
踊らされている可能性もあるワケです。
もちろん、
大部分の専門家は、頑張っていると思うのですが、
「依頼者のために」と言いながらも、実際は、
「自分のエゴ」のために活動している専門家もいるかと。
「金儲けのための道具」にならないことを、切に願っています。
まぁ、色々と思いながらも、
訴訟の行方を見守っていきたいと思います。

ネットの情報は要注意

12月 13th 2012 · Read More · No Comments

ペニーオークション詐欺事件の話。
詳しくは、所長さんのブログでどうぞ。
やっぱりペニーオークションに騙されてた・・・
芸能人ブログは1記事30万円?
今回のことで、
有名人のCM効果は激減するでしょうねぇ。
(完全に信用を無くしましたから...。)
これに限らず、ネットの情報には注意が必要です。
まぁ、私はというと、
ニュースサイト以外の情報は、話半分で聞いています(笑)。
「知恵袋」や「教えて~」等の質問サイトの回答も、
参考程度にしか考えていませんし、そのウラも取ります。
故意(悪意がある)の場合はもちろん、
間違ったことを思い込んでいる場合もありますから。
ネットを使う以上は、
ある程度の自己防衛は必要かと思います。
と、偉そうなことを言っている私ですが、
若い頃には、いろいろと良い経験しました。
まぁ、
笑っていられるレベルですので、まだマシですが(笑)。
↓↓↓ 2012/12/14 追記 ここから ↓↓↓
ちょっと気になったので。
アメブロ芸能人ブログの広告料
まぁ、
「ステルスマーケティング」の1つと言えばそれまでですが、
「ヤラセ」とも言えるかと。
バレた時の威力も絶大ですが。
でも、こんなことをされたら、
何を信じていいのか分からなくなりそうですが...。
しかしながら、
所長さんの情報収集力はハンパネェ!
↑↑↑ 2012/12/14 追記 ここまで ↑↑↑

大谷 日本ハム入り表明

12月 11th 2012 · Read More · No Comments

コレねぇ。いろいろありすぎ。
思ったことをざっくりと。
まぁ、妥当な選択だとは思いますが、
それならば、「メジャー宣言」なんてするなと。
悪気はなかったとは思うけれども、
迷惑をかけた(混乱を招いた)のは事実。
周りも周りで、
メリット・デメリットをしっかり説明したのか?
ナンダカンダ言っても、まだ高校生。
周りがしっかりとサポートしてあげないと。
星野監督が怒っているようですが、
それなら、ドラフト指名すればよかったのでは?
本当に欲しいと思っていたのだったら、
強行指名もアリだったかと。
でも、育成がしっかりしている
日本ハムだからこそOKだったのでは?
日本ハムはリスクをとってチャレンジした結果。
今回は、ルール的には全く問題ないかと。
大谷選手は、これからが大変。
ドラ1が必ず活躍(成功)するとは限らないので...。
まぁ、必要以上に気負わずに、頑張ってほしい。
↓↓↓ ニュース ここから ↓↓↓
大谷 日本ハム入り表明 功を奏した説得力ある交渉
スポニチアネックス 12月9日(日)18時7分配信
 日本ハムがドラフト1位指名した、岩手・花巻東高の大谷翔平投手(18)が9日、岩手県奥州市内のホテルで日本ハム入りを表明した。
 10月21日に大リーグ挑戦を公言した大谷は、指名後に日本ハムと話し合いを重ね、今月3日の交渉で契約金1億円プラス出来高払い5000万円の条件や、レンジャーズに移籍したダルビッシュが付けていた背番号「11」を用意することを提示されていた。
 ドラフトで強行指名した日本ハムは11月10日の交渉で25ページにも及ぶ資料を持参。若いうちから海を渡ることのリスクなどを示した。他球団では考えも及ばない、10代韓国選手の米国挑戦の実例まで挙げた内容には説得力もあった。
 12球団でトップクラスの育成システムの確立、高卒7年目のダルビッシュをポスティング・システムでメジャーに送り出した実績。両親の思いも理解した上で、交渉を重ねる度に「日本ハム経由のメジャー挑戦」の選択肢が、現実的になった。
大谷 日本ハム入り表明 功を奏した説得力ある交渉 (スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

http://headlines.yahoo.co.jp/

hl?a=20121209-00000090-spnannex-base
↑↑↑ ニュース ここまで ↑↑↑

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

    • アーカイブ

    • カテゴリー

    • メタ情報