専門家(弁護士・司法書士)に相談する時には、「知ったかぶり」に注意

3月 7th 2013 -

「過払い金返還請求は自分でやるべき」
というのが、私自身の考え。
でも、
・平日に時間を取れない・自信が無い・何となくダメ等、
自分でやるのが無理なときには、
専門家(弁護士・司法書士)に頼むのがベターかと思います。
今回は、「知ったかぶり」の話。
過払い請求(債務整理)の
基本的な用語の意味であるとか、流れ・考え方などは、
ググってしまえば、ある程度分かるかと思います。
専門家(弁護士・司法書士)に相談する前に、
基本的なことを知っておけば、
説明の理解力も違ってくると思います。
ですので、予備知識として、
少しだけ勉強しておくことを、オススメします。
ただし、相談時に注意するのは、
絶対に「知ったかぶり」をしないこと。
専門家(弁護士・司法書士)は、
出来る限り、分かりやすく話をしてくれるハズです。
「そんなことは知っている!」
「何度も同じ事言うな!」なんて思わずに、
キチンとしっかりと話を聞いてください。
あっちはプロで、こっちは素人です。
覚え間違いや勘違いもあるかもしれませんし、
後になって「こんなハズじゃなかった」なんて言っても、
「あとの祭り」ですので...。
お互いに、貴重な時間を割いて、
話(相談)をしているワケですから、
依頼するかどうかは別として、
有意義なモノにしていただきたいです。

Leave a comment!


+ 六 = 12

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

    • アーカイブ

    • カテゴリー

    • メタ情報