プライメックスキャピタル(旧キャスコ)への過払い金返還請求募集中

2月 4th 2013 -

お問い合わせフォームに投稿がありましたので、
コピペさせていただきます。
↓↓↓ コピペ ここから ↓↓↓
この場をお借りしての広報活動をお許しください。
プライメックスキャピタル(旧キャスコ)からの過払
い金返還を簡単に諦めてはいけません。
返還に実績のある弁護士さんもおられます。
私が依頼してみたところ,保証はしかねるとした上
で,事件処理費用を賄えるほどに依頼者が
集まれば行動して頂けることになりました。
現在,依頼者を募って頂いてますので,お困りの方は
相談されてはいかがでしょうか。
「京都寺町法律事務所」

http://www.kyototeramachi.jp/index.html

全ての被害者の為にもこの情報の拡散を望みます。
一債権者より
↑↑↑ コピペ ここまで ↑↑↑
専門家でもサジを投げてしまう、
プライメックスキャピタル(旧キャスコ)への
過払い金返還請求をする人を募集しているとのこと。
少人数では費用倒れするので、
何人か集まれば、対応できるとのこと。
詳細は、上記サイトでご確認ください。
え~と、このエントリーを書くことについては、
正直、いろいろと迷いがあります。
まず、
個別の法律事務所の案件について、エントリーしたこと。
今まで、偏った情報発信にならないように、
個別の事務所の案件についての言及は控えていました。
もちろん、参考になる事務所(サイト)は、
こちらからガンガン紹介しているので、
必然的に、露出が増えるという結果になるワケですが、
当方の基本スタンスは、各事務所を平等に紹介すること。
で、今回、チョット踏み込んだエントリーとなりました。
まぁ、
広い意味で、いろいろな情報を発信するということでは、
新しい試みとして、これはこれで「アリ」かなぁ~と。
微力ながら、力になればと。
次に、情報の拡散について。
私自身、情報の拡散については、正直、否定的な考えです。
というのは、本件は問題ないかと思うのですが、
情報の真偽について、確証がもてないこと。
以前、別のエントリーで書きましたが、
ネットの情報というのは、とてもデリケートなものです。
ものすごく、ナナメから物事を見ますが、
ガセ情報であったり、関係者のマッチポンプの可能性も、
完全に排除できません。
だって、
今回投稿いただいた方や、上記法律事務所について、
詳しいことは、正直、分かりませんから...。
あ、これは、
あくまで一般論で、今回は、大丈夫だと思っています。
まぁ、でも、当ブログで紹介した以上、
責任は当方にありますので、何かあったときには、
エントリーの削除・ブログの閉鎖等の対応は覚悟しておきます。
次に、被害者という表現。
私自身、この表現に違和感を感じています。
え~と、コレについては、説明が難しいので、別の機会に。
といろいろと書いてきましたが、
最終的には、私の小さな悩み・考えよりも、
プライメックスキャピタル(旧キャスコ)への対応が前進するほうが、
依頼者の方のプラスとなると判断してエントリーを決めました。
より良い結果となることを、心より祈念しております。
↓↓↓ 2013/02/08 追記 ここから ↓↓↓
本件に関しての上記法律事務所のエントリーで、
進捗状況や考え方・費用についての説明をされています。
ステルスマーケティング
↑↑↑ 2013/02/08 追記 ここまで ↑↑↑

Leave a comment!


三 × = 15

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

    • アーカイブ

    • カテゴリー

    • メタ情報