専門家同士の連携(ネットワーク)について思うこと

6月 14th 2012 -

「お気に入りブログ更新情報」より。
北海道からの依頼、ありがたいことですが・・・
大阪の事務所に北海道の方からの依頼があったものの、
直接面談主義により受任できずに、
札幌の同業者の事務所を紹介したとのこと。
各法律事務所は、それぞれ、独立採算ですので、
できる限り、仕事は取りたいところだと思います。
コンタクトのあったお客様であれば、
なおさら、どうにかして、依頼に繋げたいモノ。
しかし、
物理的に、そして、規則として、できないこともあります。
その時に、
他の事務所を紹介するというのは、チョット勇気のいることかと。
紹介したからといって、報酬が発生するワケではありませんので...。
でも、
その「志」は、とても、評価できると思います。
上手く表現できませんが、その思いは、
回りまわって、いつか、自身に返ってくるものだと思います。
(初めから、見返りを期待するというのは、ナンセンス。)
上記ブログでは、以下のように仰っています。
↓↓↓ 抜粋 ここから ↓↓↓
だから私はこれからも遠方からのそういったお電話があれば、ブログ等で真剣にお仕事を
されてることが私自身把握できているお近くの先生を積極的にご紹介していこうと思っています。
こんなことが同業の中で自然にできるようになったら本当に素晴らしいことだと皆さん思いませんか?
↑↑↑ 抜粋 ここまで ↑↑↑
基本的には、各事務所は、ライバルになるワケですが、
事務所同士で、紹介しあえる環境があれば、
相談者にとっては、とても素晴らしいことだと思います。
それが、回りまわって、共存共栄にも繋がるかと。
逆に、
「相談者を食いモノにするような事務所は潰れてしまえ!」と。
(おっと、言い過ぎた(笑)。)
ごくごく一部ですが、
専門家(弁護士・司法書士)の不祥事のニュースを聞くこともあり、
正直、うんざりしている部分もありますが、
「志」の高い専門家がいることも、事実ですので、
そのネットワークが、今以上に発展することを、切に願っています。

Leave a comment!


九 − 4 =

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

    • アーカイブ

    • カテゴリー

    • メタ情報