プロミス、認諾案件で抵抗

4月 23rd 2012 -

「お気に入りブログ更新情報」より。
認諾後のプロミスの対応は!?
先日、プロミスは、
クラヴィス(旧クオークローン)からの債権譲渡事件について、
さんざん主張(抵抗)をしておきながら、最終的には、
判決を回避するために認諾の手続きをしました。
ということは、同じような債権譲渡案件については、
認諾してくれるのかというと、そんなワケもなく、
やはり、ナンダカンダと主張(抵抗)してくるとのこと。
コラコラ!!
もちろん、状況は個々に違うとは思いますが、
時間稼ぎとしか思えません...。
消費者金融大手の1つとして、模範となるべき企業が、
こんな支離滅裂な対応をしていて、大丈夫か?と。
個人的には、トコトンやってもらいたい。
そして、
最高裁まで行った時には、どのような対応をするのか?
でも、依頼者のことを考えると、
サッサと解決してもらいたいという気持ちもある。
譲渡案件については、「最高裁まで行ってから認諾」が
スタンダードなんてことになったら、目も当てられないので...。
あっ、でも、
請求額の2倍を支払ってくれるのなら、それもアリか(笑)?
今後の動きに注目です。
ちなみに、
司法書士による過払い請求、債務整理 in 大阪」さんのブログが、
レイアウト変更していて、とても新鮮な気分になりました♪

Leave a comment!


2 × = 二

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

    • アーカイブ

    • カテゴリー

    • メタ情報