本人による過払い金返還請求を考える

3月 14th 2012 -

「お気に入りブログ更新情報」より。
過払い金、本人請求のホントのところ①
過払い金、本人請求のホントのところ②
過払い金、本人請求のホントのところ③
専門家(弁護士・司法書士)ブログの場合、
「ご相談ください」と誘導することが多いのですが、
本人請求について、
ここまで詳しくエントリーしているのは珍しいです。
私の言いたいことを、ほとんど代弁してくれています。
ビジネスとして考えるのであれば、
依頼をもらう方が嬉しいとは思いますが、
「本人請求はできる」と書いた心意気は尊重したいです。
本人請求を肯定することは、司法書士さんからみれば、
マイナス(依頼が減る可能性)の要素だとは思いますが、
それでも、過払い金返還請求を考えている人にとって、
有意義な情報だと思えば、情報発信する。
本件に限らず、何事もそうですが、
「何気ない優しさ・心配り」というものは、
回りまわって、最終的には自分に返ってくると思っています。
(初めから、それを狙うのは本末転倒。)
儲け一辺倒ではなく、
「志のある専門家」が増えることを、嬉しく思いますし、
また、その方たちが活躍されることを、切に望んでいます。
なお、私自身、基本的には、
「過払い金返還請求は自分でやるべき」と思っていますが、
平日に時間が取れない、交渉や手続きが不安という方は、
専門家(弁護士・司法書士)にお願いする方がベターかと。
まぁ、その辺は、
費用と手間隙のバランス(費用対効果)を考えて、
自分でするか専門家に依頼するか判断すればいいと思います。
最後に、1つだけ付け加えるとすれば、
「引きなおし計算までは自分でやるべき」かと。
そうすることで、どれくらい借金を圧縮できるか?
また、幾らくらい過払い金が返ってくるか?を
自身で確認することが出来ます。
と同時に、過去を振り返る(反省する)ことが出来ます。
ただ単純に、
「借金が減った」「過払い金が返ってきた」と喜ぶだけではなく、
自戒を込めて、過去の自分と対峙することが大切かと思います。
まぁ、自転車操業でコケた私に、
そんな偉そうなことを言う資格はありませんが(笑)。
何はともあれ、
本人請求でも専門家依頼でも、どちらでも構いませんが、
1人でも多くの方々へ、有意義な情報発信が出来るように、
本人請求型ブログも専門家ブログも、
「共存共栄」で頑張っていければと思っています。

Leave a comment!


+ 五 = 8

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

    • アーカイブ

    • カテゴリー

    • メタ情報